実用新案登録の費用と存続期間

実用新案登録の知識:特許との違いは?

実用新案権も特許権も自然法則による技術思想に関するという点で共通していますが、保護対象、登録までの過程や権利の存続期間などが異なります。
以下に紹介するそれぞれの特徴と事業化の計画を考慮してどちらの形式で出願をするかを決めることが望ましいです。
 実用新案権の保護対象は自然法則による技術的思想の創作である物品の形状、構造またはその組合せであり、高度である必要はありません。
実用新案登録出願では審査なしで出願後早期に登録されます。
実用新案登録後、出願日から10年まで権利が存続します。
 特許権の保護対象は、自然法則を利用した技術的思想のうち高度なものである物、生産方法または方法です。
特許は、出願日から1年6ヶ月後に公開され、審査請求および審査を経て登録され、出願日から20年まで権利が存続します。
 実用新案登録出願をするメリットは、早期に権利を保持できることです。
デメリットは、権利の存続期間が短いことです。
一方で特許出願では、登録までに審査が必要であり早期に権利化することができませんが、権利の存続期間は実用新案権よりも長いです。
したがって、事業化をどのように進めるかによってどちらの出願が望ましいかが異なってきます。

アイデアを広く集めて実用新案登録に挑む

アイデアを広く集めて実用新案登録に挑む 真っ白な紙に実用新案登録のアイデアを書き続けていても、いずれは案が枯渇してしまうのが関の山です。
人が持つ情報量は有限なので、足りなくなれば継ぎ足し作業に取り組まなければ実用新案登録のアイデアは生まれません。
独力で考える取り組みに終わりが見えてきたら、普段は無意識的に行いがちな作業に着目します。
当然のように感じられる現象の仕組みを考えたり、さらなる改良を加えて状況がより良くなる可能性を模索すると実用新案登録のアイデアが生まれる契機になります。
何気ないことに疑問を抱くと、一般の人が見逃しがちなことが浮き彫りになって実用新案登録できる状態に持ち込めるというわけです。
また、着目点を自身からの一方通行に終始させるたけではなくて周囲の人の発言がアイデアに昇華することもあります。
各々には人に話したこともない問題を抱えていることが往々にしてありますから、聞き出して得た着想を有効に活用して新規内容の提出に挑めます。

\n"; echo "\n"; echo "
\n"; $q =urlencode($q); $str = file_get_contents('http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p='.$q); if (preg_match('!TS2bh end-->\s*(.*)/#TSm -->!s', $str, $res)){ print $res[1]; } echo "
\n"; echo ""; ?>